生活

ヨコハマ・フットボール映画祭でアーセナルのドキュメンタリー映画「89」を観てきた

更新日:

 

イングランドのサッカークラブのArsenal(アーセナル)のドキュメンタリー映画を観た話。

アーセナルサポーターをグーナーといいますが、グーナーである友人から先日「映画観に行こう!」と誘われました。

 

 

お目当ての映画はアーセナルのドキュメンタリー映画「89」

2017年に上映された映画で、88-89シーズンでアーセナルが逆転優勝する過程を当時の選手・監督・審判がその時の心境を語りながら話が進みます。

 

ちなみに私はグーナーとは言えず・・・

知っている事といえば、エジルがいるよね!前監督はベンゲルだったよね!

・・・くらい。(笑)

にわか中のにわかである私が「89」を観ても楽しめるのかな、と不安でしたが。

結論からいうと・・・おもしろかった!

 

ヨコハマ・フットボール映画祭で無料上映された「89」

2020年1月25日~26日に開催されたヨコハマ・フットボール映画祭。

場所は横浜市の開港記念会館です。

最寄り駅は、みなとみらい線「日本大通り駅」

 

駅から少し歩けば、レンガ造りの建物が見えてきます。これが会場である開港記念会館です。

 

横浜にはあまり行きませんが、みなとみらい周辺は街並みや建物がきれいで好きです(*^_^*)人もそんなに多くないし。

開港記念会館にははじめて足を踏み入れましたが、やや古めで懐かしくなる雰囲気の建物。

その1階で映画上映&フットボール文化祭が開催されていました。

 

アーセナルドキュメンタリー映画「89」はほぼ満員。にわかファンでも見ごたえあり!

無料上映ですが、事前にネット予約をするか、当日席に空きがあれば入場可能でした。

私たちは上映10分前に会場に着いたのですが、シアター入口には行列ができていました。

会場ではアーセナルユニを着ている人がたくさん!

やはりグーナーは観に来るものなのね。

私みたいに「にわか」や「お付き合いで」って人は少なそう・・・(^^;)

しかし、そんなファン度合いなど関係なく、作品を楽しみましょう!

 

出典:YouTube「89 (Official Trailer 2017)」by UniversalPlaybackTV

 

前半は、当時の選手や監督が当時のアーセナルについてや決勝戦に至るまでを語ります。

当時の映像とともに語りが入るので、アーセナルの歴史を知らない私でも分かりやすい構成でした。ありがたい。

 

後半は、いよいよ決勝戦のシーン。

鬼気迫るものがあり、結果を知っていてもドキドキしながら観ることができました。

また、FAカップ準決勝で起きたヒルズボロの悲劇について選手たちが沈痛な思いを語るシーンも。

しかし苦しみだけなく、選手たちの笑い話も語られていてクスッとなるシーンもあり。

そして最後は念願の優勝!しかも、2点差以上での勝利&アンフィールドという状況で!

決勝戦の心境を選手たちが事細かに語りながら、シュートまでの1コマ1コマが流れるシーンはとてもドキドキしました。

 

(89の公式インスタも貼っておきますね。)

 

いや~ドキュメンタリー作品として、なかなか見ごたえのある作品でした!

そして、グーナーだけでなく、リヴァプールファンにも観てほしい作品でもあります。

こんなことなら、映画上映前のグーナーで有名な笹木さんのプレビューショーも観たかったな~

映画だけでなく、関係者や詳しい人がトークショーで盛り上げてくれるところですよね(*^_^*)

 

サッカー愛にあふれる映画祭

帰りにフットボール文化祭という、さまざまな団体がサッカー関連のハンドメイドクラフトやファンマガジンを販売しているブースをのぞきました。

お目当てのアーセナルグッズはXFAさんの1か所しかなかったな。残念。

でも、本当の文化祭みたいで楽しかったです。

大規模な映画祭ではないけど、映画愛・サッカー愛にあふれるアットホームな映画祭でした。

 

上映作品一覧

  • ヴァトレニークロアチアの炎ーVATRENI
  • ZG80-だからアウェイはやめられないー
  • 審判~ピッチ上の、もうひとつのチーム
  • 89
  • ソーシャルフットボール イタリアからの挑戦 Crazy for Football:The Craziest World Cup
  • 追憶のルブリン~キャプテンの葛藤と責任~
  • スタディオン Stadion
  • レゲェ・ボーイズ Reggae Boys
  • わが青春のイレブン
  • 男子100M 3連覇を狙うブレード王者ジョニー・ピーコック
  • パラ大国 2競技制覇の超新星カディーナ・コックス

 

口コミでも好評!

ツイッターより

 

おまけ:見ごたえある資料館へ

会場からの帰り。

せっかく横浜に来たんだから・・・ということで、みなとみらい周辺をお散歩。

象の鼻パーク→赤レンガ倉庫を散歩してきました。

そこで発見したのが、「海上保安資料館 横浜館」

赤レンガ倉庫の横(海側)にちょこんとあります。

あまり行く人はいないかもしれないけど(失礼)、とても気持ちが揺さぶられた(怖くなった)資料館だったので、ここに記録しておきます。

この資料館には北朝鮮工作船が展示されており、工作船事件の概要や船から回収した武器等もみることができます。

そのほか、不審船を発見した際の巡視船の防衛射撃の実際の映像もあり、他人事ではなく日本に実際に工作船・工作員が侵入してくる怖さを感じました。

テレビで見るよりも、実際の船や押収物、射撃の映像をこの資料館でみた方が、身近な問題なんだと再認識でき、危機感が増しました。

同時に、「海上保安官さん、頑張ってくれてありがとう」と日本を守ってくれている海保に感謝の念も生まれます。。

よい資料館でした。

入場は無料なので、興味ある方は立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

 

まとめ

アーセナルについて詳しくない、にわか中のにわかの私でも「89」をじっくり見入ってしまいました。

ヨコハマ・フットボール映画祭は、サッカー愛にあふれた人たちが映画によって、サポーター熱をさらに高められる映画祭だと感じました。

もちろん、私のような「ちょっと行ってみようかな」くらいの軽い気持ちでも楽しめます!

帰りはみなとみらい散策もできるし、よい休日だったな~

次回の開催が楽しみです!興味ある方は行ってみてはいかがでしょうか(*^▽^*)







-生活

Copyright© LIFE SEEKLOG , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.