生活

5時に夢中!中瀬親方のエンタメ番付6月場所

更新日:

TOKYO MX「5時に夢中!」(月~金夕方5時から生放送)にて、月に1度毎回楽しみにしているコーナーがあります。

それは「中瀬親方のエンタメ番付」です。

新潮社 出版部部長の中瀬ゆかりさんは毎週木曜日のコメンテーターとして出演されており、

その中瀬さんが毎月の最終木曜日に、おすすめの最新エンタメ作品を番付形式で発表するコーナーです。

毎度、参考になります!ごっつぁんです!

・・・と言いたいほど、参考にさせていただいてます。

 

小説・漫画・映画などを「横綱・大関・関脇」ごとに、中瀬さんの言葉で紹介してくれるので、分かりやすく、説得力があります。

今回は2019年6月場所(放送日:2019年6月27日)をご紹介します。

週末は映画・読書をしてみてはいかがでしょうか(*^_^*)

中瀬親方のエンタメ番付イメージ画像

 

関脇:漫画「おばさんデイズ」/ まめ

  • 作者はインスタグラムのフォロワー数18.5万人のまめさん
  • Webサイト「cakes」で連載中の「おばさんデイズ」を単行本化
  • 40代シングルマザーが巻き起こす、おもしろすぎる日常・失敗談が満載

ツイッターの声

 

大関:映画「存在のない子供たち」/監督・脚本・出演:ナディーン・ラバキー

出典:映画「存在のない子供たち」公式サイト

  • 主人公は、貧しさゆえに親からまともな愛情も受けられない12歳の少年
  • 中東の貧困・移民問題を抉り出した人間ドラマ
  • 2018年第71回カンヌ国際映画祭で審査員賞・エキュメニカル審査員賞を受賞
  • 「リアリティを持ちながらも、物語性が豊かで、凄く引き込まれて見た良作」(中瀬さん)

ツイッターの声

 

横綱:エッセイ「ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー」/ ブレイディ みかこ

  • 世界の縮図のような「元・底辺中学校」での日常を描くノンフィクション
  • パンクな母親とその息子が思春期特有の悩みをともに乗り越えていく
  • 中瀬さん大絶賛。「人生において出会って良かったという1冊に必ずなる本」

ツイッターの声

まとめ

関脇:漫画「おばさんデイズ」/ まめ

大関:映画「存在のない子供たち」/監督・脚本・出演:ナディーン・ラバキー

横綱:エッセイ「ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー」/ ブレイディ みかこ

でした!

個人的には、横綱の「ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー」をじっくり家で読んでみたくなりました。

2019年6月21日発売ということなので、もう書店に並んでいるはず。

梅雨の時期、家での読書がはかどりますね。

読書・映画鑑賞の参考にしてみてください(*^_^*)

スポンサーリンク

-生活

Copyright© LIFE SEEKLOG , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.