生活

5時に夢中!中瀬親方のエンタメ番付10月場所

投稿日:

 

TOKYO MX「5時に夢中!」(月~金夕方5時から生放送)にて、月に1度毎回楽しみにしているコーナーがあります。

それは「中瀬親方のエンタメ番付」です。

新潮社 出版部部長の中瀬ゆかりさんは毎週木曜日のコメンテーターとして出演されており、

毎月の最終木曜日に中瀬さんが、感銘を受けたエンタメ作品を番付形式で発表するコーナーです。

プロの編集者から見てすごいと思った作品を教えていただけるので、とても説得力があります(*^▽^*)

いつも読書や映画鑑賞の参考にさせていただいています!

 

小説・漫画・映画などを「横綱・大関・関脇」ごとに、中瀬さんの言葉で紹介してくれます。

今回は2019年10月場所(放送日:2019年10月31日)をご紹介します。

週末は映画・読書をしてみてはいかがでしょうか(*^_^*)

中瀬親方のエンタメ番付イメージ画像

 

関脇:映画「永遠の門 ゴッホの見た未来」/監督ジュリアン・シュナーベル

出典:映画『永遠の門 ゴッホの見た未来』公式サイト

  • 主演のウィレム・デフォーは本作で第75回ヴェネチア国際映画祭男優賞を受賞。
  • 作品が世に理解されずとも筆を握り続けたゴッホ。「未来の人々のために、神は私を画家にした―」と語ったゴッホは、その人生に何を見ていたのか。いまだにいくつもの説が混在するゴッホの謎の死にも、一つの答えを提示した作品。
  • 中瀬氏「主演のウィレム・デフォーの演技に圧倒された2時間だった。素晴らしいアートな作品でした。」

 

ツイッターの声

 

大関:漫画「忘却バッテリー」/ みかわ絵子

  • 少年ジャンプ+で連載中の少年野球漫画。
  • 中学球界で名を馳せるも野球から遠ざかっていた天才たちが都立の野球無名高校で偶然集結。かつては切れ者捕手だったが記憶喪失になってしまった要圭と完全無欠の剛腕投手・清峰葉流火のバッテリー。再燃した高校野球ストーリーが繰り広げられる。
  • 中瀬氏「バカになってしまった要くんがとても好きなキャラクター。野球に詳しくなくても、青春ものとして楽しめる作品です。」

ツイッターの声

 

横綱:小説「ザ・ロイヤルファミリー」/ 早見和真

  • 作者は『イノセント・デイズ』や『店長がバカすぎて』の著者である早見和真。
  • 馬主で成り上がり社長の秘書となったクリスの語りで物語が進められる。一部と二部で構成され、一部は馬主として、二部は父と子供の物語となっている。
  • 中瀬氏「早見さんの作品の中で最高傑作だと思う。レースの迫力とストーリーにグイグイ引き込まれる。エンターテイメントとしても、新しい競馬小説としても金字塔を打ち立てる作品。」

ツイッターの声

まとめ

関脇:映画「永遠の門 ゴッホの見た未来」/監督ジュリアン・シュナーベル

大関:漫画「忘却バッテリー」/ みかわ絵子

横綱:小説「ザ・ロイヤルファミリー」/ 早見和真

でした!

小説「ザ・ロイヤルファミリー」は発売されたばかりなので、ツイッターでの口コミは多くありませんでしたが、中瀬さんの絶賛具合から読みたくなった作品です。

今回の3作品は、絵・野球・競馬に興味がない人でも引き込まれるエンタメ作品ということなので、老若男女問わず秋の読書や鑑賞を楽しめそうです(*^_^*)

 

スポンサーリンク

-生活

Copyright© LIFE SEEKLOG , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.