生活

【イスタンブール】おすすめのお土産。職場・友達用に好評だったお菓子

投稿日:

 

前回に引き続き、トルコ旅行の記事第5弾!

旅行にいけば、お土産は必須(^^;

友達へのお土産は冒険できても、職場用にはハズレのない美味しい(無難な?)お土産がいいですよね。

 

今回は、イスタンブール市内で買えた、評判のよかったお土産・手軽に買えるおすすめのお土産をご紹介します。

 

1.トルコの老舗菓子店で買う

定番のお菓子、安っぽくないお菓子を買いたいときは、有名店のものがおすすめ。

安心してお土産にできます。

KOSKAのSusam

イスタンブールの老舗菓子屋さんのKOSKA

チェーン店なので、街を歩けば目にする機会が多いと思います。

イスタンブール鉄道博物館の近くにもありますよ。

トルコ菓子なら何でも揃っているといっても過言ではない品揃え。

多くの観光客・地元民がお店にきていました!

ロクムなどの量り売りはもちろん、チョコレートやクッキーの箱売り(小分けされているもの)もあるのでお土産にもピッタリ。

なかでも、美味しくておすすめなものは「Susam」というゴマのクロカント。(3リラ・約60円)

ごまがぎっしりつまったクッキーのようなものです。

噛み応えがあって、ごまの風味と甘さがしっかりあって、満足感のあるお菓子です。

歯が弱い人以外なら、老若男女におすすめ!

 

KOSKAのクッキー

職場用には小分けになっているものが嬉しいですよね。

KOSKAのこのクッキーは、小分けにされたゴマのクッキーがたくさん入っていて35リラ・700円。

ゴマのサクサククッキーかと思いきや、「ちんすこう」のような食感でした!

甘くて、パクっと食べられて、職場の人に配るには最適かもしれません。

 

KOSKAのヌガー

ヌガーとはミルクのソフトキャンディーにナッツ等をいれたもの。

優しい甘さと、ナッツのカリカリとした食感がたまりません(*^▽^*)

値段は忘れてしまいましたが、そんなに高くなかったと思います。

女性の友達や、甘いものが好きな人におすすめのお土産です。

 

Hakki Zade 1864 のお菓子

イスタンブールで大人気のスイーツ店。

旧市街や新市街どちらにも店舗があり、私はタクシム広場のすぐに近くにあるお店に立ち寄りました。

トルコの代表的なお菓子バクラヴァやロクムだけでなく、美味しそうなケーキもたくさんありました(^^♪

中でお茶することもでき、カフェも繁盛している様子。

一番人気は、バクラヴァのようです。(バクラヴァ等のスイーツについては過去記事にて。)

街中でも、お店の紙袋を持っている人を多く見かけました!持ち帰りのスイーツも人気のようです。

 

2.地元のスーパーで買う

スーパーでお土産を買うメリットとしては、1人分の小分けお菓子が多種類・低価格でおいてあること。

ただ、日本でも買えるようなお菓子もあるので、トルコならではのお菓子選びは苦戦します。

その中で厳選した、トルコ土産に適したお菓子をご紹介!

GODIVAのチョコレート

GODIVAといえば、ベルギーのイメージですが、トルコにもゆかりがあります。

ゴディバの会社は現在トルコの会社の子会社なのです。

それゆえか、スーパーにはたくさんゴディバ商品が並んでいます。

なかでも、ゴディバのチョコレートバーは日本人に慣れ親しんだ味で好評日本ではあまり見かけないので、お土産にも向いています(*^-^*)

Nestle のチョコレート damak

Nestle damakはピスタチオ入りチョコレートで、トルコで長く愛されている定番ブランド

写真のように小分けにされたものが、10個ほど入って大袋で売られていたり、箱入りもあったような・・・

35リラ(約700円)ほどで買えました!

なじみのある甘いチョコレートで、外国独特の甘ったるいチョコレートというほどではありません。

食べやすく、万人受けするので職場で配る用にもピッタリです(^^)

 

まとめ

以上、美味しくて安いトルコ土産のお菓子の紹介でした。

特におすすめは、KOSKAのSusamNestle damakです。

トルコならではのお菓子である上、日本人が敬遠するような甘ったるさや独特な味もしません。

今回ご紹介したお菓子はどれも、馴染みのある味で、日本人の口にあう美味しさなのでおすすめです(*^▽^*)

旧市街・新市街ともに買えるので観光ついでに立ち寄ってみてはいかがでしょうか♪

是非参考にしてみてください(^^)/

スポンサーリンク

-生活

Copyright© LIFE SEEKLOG , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.