歯科矯正

【矯正】歯の先天性欠如~私の場合~

投稿日:

前の記事でも少し書きましたが、私はどうやら先天欠如歯があるようです。

下の歯が1本少ないんだとか(^^;

先天性欠如歯について触れた記事はこちら↓

大人の歯科矯正メリット・デメリット

歯ぎしりは歯科矯正で治るのか

 

先天性欠如歯でよく聞くのが「親知らず」です。

しかし、私の場合は「永久歯」の先天性欠如のようです。

今回は、永久歯の先天性欠如は何が原因なのか?普段の生活に支障はあるのか?などを書いていきたいと思います。

先天性欠如歯の記事イメージ画像

 

永久歯の先天性欠如とは

通常、永久歯は上に14本、下に14本生えてます。(親知らずは除く)

その計28本のうち、1本(または数本)が何らかの原因で作られず、欠損していることを「先天性欠如」といいます。(先天性欠損歯ともいいます。)

先天性欠如歯の原因は?予防は?

原因は遺伝や栄養欠如、薬物の副作用等が挙げられますが、明確な原因はよく分かっていません。

そのため、予防もできません。

先天性欠如歯の子はどれくらいいる?確率は?

日本小児歯科学会の調べによると、10人に1人の子供が永久歯の先天性欠如なんだそうです。

男女別の割合は、男子では9.1%、女子では11.0%という結果がでています。

また、7歳の段階で永久歯の芽(歯胚)が確認されないと、約99%の確率で欠如するといわれています。

どの歯が欠損することが多いの?

同上の調査によると、以下の通り。

  • 上顎だけの欠損 2.5%
  • 下顎だけの欠損 5.7%
  • 上下両方の欠損 1.9%
  • 部位的には、下顎の第二小臼歯(5番)が最も多い
  • また、側切歯(2番)の欠如も多い

どんな影響がでる?

考えられる悪影響としては、「歯並びが悪くなる」「かみ合わせが悪くなる」ことです。

その結果、顔やあごの変形、骨格の歪みを誘発する恐れもあるそうです。

欠如部分のスペースがあると、その空いた部分に他の歯が倒れてきたり、上の歯が伸びてきたり・・・と、歯並びに影響がでるようですね。

先天性欠如歯だった場合、どうすればいいか?

かかりつけの歯科医に早めに相談することが一番です。

治療としては、欠如部分に入れ歯やインプラントを埋め込む治療、歯科矯正などがあるようです。

 

案外多い先天性欠歯!

上記の調査によると、10人に1人の人は欠如歯ということです。

案外多くないですか?

日本人のAB型の確率くらいなので、そう思えばよくある話とも言えそうです。

ツイッターでも、多くの人が欠如歯について呟いていました。

【画像あり】永久歯の先天性欠如 ~私の場合~

私の場合は、永久歯の先天性欠如で、部位は「下顎の側切歯1本」です。

よって、私の歯は親知らずを除くと上14本、下13本ということになります。

原因は?

考えられる影響は・・・特になし(^^;

父と母は普通に上下28本あるし。遺伝ではないような・・・。

母に聞くと、私が小さい頃に歯医者さんから「歯がハート型になっていて、くっついている状態です。」と言われたそう。

そんなことあるんだ?!と思って調べてみると、「癒合歯」といって小さい頃に隣合う歯がくっつくことがまれにあるみたい。

しかも下の歯が多いんだとか。その場合、のちに歯が欠損することが考えられるそうです。

この「癒合歯」の原因も、母親の栄養不良など全身状態の異常や、病気、薬物とする見方もありますが、明確には分かっていません。

よって、私の場合も原因不明。

影響は?

欠損している場合の一般的な治療としては、インプラントで1本足したり、歯科矯正でスペースを埋めたりするそうです。

しかし、私の場合、気づいたときには欠如部分のスペースはなく、歯が並んでいる状態でした。

日常生活に支障はなく、噛み合わせが悪いと自覚したことはありませんでした(^^;

歯科矯正前に歯科医に診てもらったところ、「欠損歯はあるが、噛み合わせは悪くない」とのこと。

欠損歯=必ず噛み合わせが悪くなる、とは限らないということですね!

歯並びの写真

歯科矯正前の写真です。

下顎の歯(2番の側切歯)が1本足りていません。

上と下の歯の数が違うため、正中線(上の前歯2本の真ん中と下の前歯2本の真ん中の線)が合いません。

矯正で歯並びを整える際に、この正中線が合うかどうかは要になってくるかと思いますが、私の場合は正中線は合わないままが正しいようです。

歯科矯正後の写真、経過については過去記事をご参照ください(*^_^*)

歯科矯正の記事一覧

 

まとめ

歯医者さんに「歯が一本足りないですね~」とさらっと言われた時は、びっくりしました。

名前が「先天性欠如歯」なんていう、ちょっとこわい名前がなので、どれくらい大変なのことなの?!と調べてみました。

調べてみると、欠如歯の人は案外多く、治療方法もあるので安心しました。

私の場合は、上の八重歯が気になって歯科矯正を始めましたが、それがなければ、そのまま無難に生活していたと思います。

(欠如歯が間接的な原因で、八重歯が出てきてしまった?という可能性もあるのですが。)

とりあえず、歯が足りないことに気づいたら、早めに歯科医に相談するのが一番です。

 

以上、長々と書いてしまいました。私の体験が皆さんの参考になれば幸いです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

-歯科矯正

Copyright© LIFE SEEKLOG , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.