歯科矯正

【画像あり】歯科矯正開始から3か月後

投稿日:

 

歯科矯正の経過を記録していきます。

写真を並べたので、変化が分かりやすいです(*^_^*)

今回は3カ月目の話。画像とともに振り返っていきます。

今までの矯正記録はこちらからどうぞ↓

20代後半で歯科矯正を始めました【写真あり】

【画像あり】歯科矯正開始から1カ月後

【画像あり】歯科矯正開始から2か月後

歯科矯正開始から1カ月のイメージ画像

 

ワイヤーが徐々に太くなる

歯科矯正開始は細いワイヤーからスタートします。

そこから徐々にワイヤーを太くしていきます。

ワイヤーが太くなると、歯への圧が強まるので、ワイヤーを太くされると「さらに歯が動くのか~!」と嬉しかったです。

(ワイヤーが太くなったからといって、パッと見では分からない程度で審美的な変化はないです)

 

先生「ちょっと太めのワイヤーにしますね」

私(これでさらに歯が動くぞ!やった!)

先生「うーん。まだ入らないか~」(ワイヤーの太さのランクを1つ下げられる)

(歯がU字に整ってないからワイヤーがブラケットに入りにくい?)

 

・・・ということが数回ありました(^-^;

あまり焦って歯を動かしてもダメですが、歯を早く動かしたいな~という思いは、歯科矯正中の人あるあるかと思います。

 

【変化】歯科矯正前→3カ月後

見るに堪える歯並びになってました。(パット見では)

抜歯の隙間や傾きなど、細かい箇所はこれから調整する感じです。

 

歯科矯正 開始直後

装着直後の写真

矯正器具をつけた初日の写真

 

歯科矯正開始から1か月後

1か月後の写真

歯科矯正から1カ月目

 

歯科矯正開始から2か月後

2か月目

歯科矯正から2カ月目

 

歯科矯正開始から3か月後

歯科矯正3カ月目

歯科矯正開始から3カ月目

左右非対称だった歯並びが、左右対称になってきた気がします。

写真の撮り方のせいかも・・・(^^;

 

抜歯後の隙間は健在

実は、歯科矯正の装置(ブラケットとワイヤー)をつける前に、八重歯の横の歯を抜歯していました。

八重歯(犬歯)のスペースを作ってあげるためです。

健康な歯を抜くことに抵抗を覚える人もいると思います。

私の場合は、「これで歯並びがキレイになるなら」と思い、すんなり抜歯に進みました。

抜歯をしない「非抜歯矯正」も選択肢の1つなので、これから矯正される方は事前に考えておくといいかもしれません(^^)

 

さて、その抜歯した隙間。

3カ月後はこんな感じ↓

3か月後の隙間画像

見えづらい~

口をイーっとすると見えます。

タフトブラシが通るほどの隙間。

この隙間・・・かなり曲者で、隙間が埋まるまで1年はかかりました!!(泣)

「歯は1カ月に0.5mm~1mm動く」と言われるので、そう考えると動くの遅かったのかも(*_*)

 

 まとめ

3カ月経つと、「なんとなく整ってきたかな」くらいになりました。

悩みだった八重歯の出っ張りも目立たなくなり、歯科矯正の力を実感したころです。

しかし、一難去ってまた一難?

今度は「抜歯後の隙間」が気になってきました。

果たしてこの隙間は埋まるのか・・・。

3カ月目はそんなに心配していませんでしたが、こいつが後に曲者と化します(~_~;)

これ以外にも、さらなる厄介ごとがでてきますが、それはまだ先のお話。

では、また4か月目も更新します(^^)/

 

【参考】歯科矯正のマイナス面を書いた記事

大人の歯科矯正メリット・デメリット

歯科矯正して失敗した・やらなきゃよかったと後悔したこと

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

-歯科矯正

Copyright© LIFE SEEKLOG , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.