歯科矯正

【画像あり】歯科矯正開始から6か月後

更新日:

 

歯科矯正の経過を記録しています。

変化が分かりやすいように、ビフォーアフターの写真を並べてみました(*^_^*)

今回は6カ月目の話。画像とともに振り返っていきます。

今までの矯正記録はこちらからどうぞ↓

歯科矯正開始から1カ月のイメージ画像

 

【変化】歯科矯正開始から6カ月の経過

1~3カ月で八重歯(叢生)のデコボコがおさまりつつあり、

3カ月目からは少しずつ正中が動いてる・・・?気がします。

 

歯科矯正 開始直後

装着直後の写真

矯正器具をつけた初日の写真

 

歯科矯正開始から1か月後

1か月後の写真

歯科矯正から1カ月目

 

歯科矯正開始から2か月後

2か月目

歯科矯正から2カ月目

 

歯科矯正開始から3か月後

歯科矯正3カ月目

歯科矯正開始から3カ月目

 

歯科矯正開始から4か月後

4カ月目

歯科矯正開始から4カ月目

 

歯科矯正開始から5か月後

歯科矯正5カ月目

歯科矯正開始から5カ月目

 

歯科矯正開始から6か月後

6か月目

歯科矯正開始から6カ月目

 

ブラックトライアングルの前兆・・・?

歯科矯正開始から6カ月が経過。

やっと半年!!

当初の予定では、「だいたい1年かな~」と言われていました。

その通りに考えると、折り返し地点(*^▽^*)

歯はなんとなくきれいに並んでいる風だし、すでに結構満足している私(^-^;

しかし、途中でやめるわけにはいかないので(噛み合わせの問題もあるし)、

あと半年!と思って頑張ります。

ブラックトライアングルのイメージ画像

 

ここにきて、上の前歯の間にブラックトライアングルができそうな兆しが。

ブラックトライアングルとは、歯科矯正中に起きやすい減少で、

歯肉が退縮することで歯と歯の隙間が目立ち、▼に見える現象のことです。

ブラックトライアングルができた話は、以下の記事でくわしく書きました↓

【画像あり】前歯にブラックトライアングルができた話

 

6カ月目(半年)で、ブラックトライアングルの兆しが見え始めるなんて・・・。

歯科矯正開始前に説明されたリスク事項にも、「ブラックトライアングルが発生するかも」という説明がありました。

しかも、調べてみたところ、完全に防ぐことはできないようです・・・。

ただ、ディスキング(歯を削ること)で隙間を小さくすることは可能のようです。

ちなみに、ブラオフした今でもブラックトライアングルは小さく健在しています(*_*)

ブラオフ後の画像はこちら→【比較画像あり】祝・ブラオフ!

 

抜歯後の隙間

前回の5カ月目の記事で写真をのせた、抜歯後の隙間について。

歯科矯正開始時に抜歯したため、6カ月(半年)経過しています。

6カ月後はこんな感じ↓

6カ月目の隙間

まだあります。

この隙間が埋まったときは、とても嬉しかった・・・!!

それくらい、手ごわい隙間でした(~_~;)

 

他の人の歯科矯正6カ月後

ツイッターより。
半年でこんなに変わるんですね。


 

 まとめ

歯の見た目は先月とさほど変わらず。

しかし、ブラックトライアングルの兆しが・・・。

原因としては、歯科矯正による歯茎の低下歯肉退縮が挙げられます。

また、20代後半など若年層に起こるブラックトライアングルは、歯周病も原因の1つなんだとか。

丁寧な歯磨きで予防できるので、普段から気をつけたい点です。

私は歯科矯正を始めてから、タフトブラシを使ったり、柔らかめのブラシで細かく磨くなど、歯周病予防のための歯磨きをするようになりました。

 

普通の歯ブラシの後、↓このようなタフトブラシで歯間を磨くことをおすすめします。

 

みなさんが、虫歯・歯周病・歯茎の低下(ブラックトライアングルの発生)なく、ブラオフできますように!!

では、また7か月目も更新します(^^)/

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

-歯科矯正

Copyright© LIFE SEEKLOG , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.